マンション共用部9年目チェック

第三者による9年目共用部チェック

「マンション共用部9年目チェック」は、築9年を迎えるマンションの皆さまに向け、屋上や外壁などの共用部分を、管理会社や売主・施工会社と利害関係をもたない客観的な第三者としてチェックするサービスです。

10年目に期限の切れるアフターサービスの活用に加え、大規模修繕工事前の過剰な劣化診断による修繕費の支出、不要不急な工事による支出を防ぐことを目的としています。

「アフターサービスを確実に活用したい」「将来的な修繕工事費を削減したい」「不要な診断までしたくない」という管理組合さま、ぜひご活用ください。

理事会への無料カウンセリングに伺いますので、まずはご相談ください。

※調査の第三者性を保つため、施工会社などの選定代行、見積依頼代行、設計業務、および補修工事の受注・斡旋はいたしませんので、予めご了承下さい。
 

9年目、共用部の建物調査・診断がおすすめな3つの理由

外壁タイルの浮き

外壁タイルの浮き

エフロレッセンス

エフロレッセンス

①建設時の施工不良、この時期までなら売主の保証で無償で直してもらえる可能性が高い

本来は管理組合の費用で直す必要のない新築時の施工不良ですが、10年目を過ぎてしまうと管理組合の負担で修繕することになってしまいます。期限が切れる前に、建物の状況を見直しておくことが重要です。

②大規模修繕工事前の劣化診断は、オーバースペックなことが多い

大規模修繕工事前に実施される劣化診断には、過剰なものが含まれているケースが多々あります。建物の経年に応じた調査項目に絞って調査することで、合理的に調査費用を削減できます

③大規模修繕工事には、不要不急な工事が含まれているケースが多い

10年目に新築時の施工不良を改善してもらい、第三者による適切な劣化診断で建物の状態を正確に把握することで、不要不急な工事を含む大規模修繕工事の実施が避けられ、工事費の削減につながります。2回目、3回目の大規模修繕工事の周期延長も視野に入るかもしれません。

詳しくはこちら → 「9年目にマンション共用部診断をすべき3つの理由」

  • 共用部分の不具合に本格的な調査が必要かを知るため、事前にしっかりとチェックをしたい。
  • 売主や施工会社と利害関係がない第三者の点検を受けておきたい。
  • 管理会社の日常点検ではカバーできない部分を確認したい。
  • アフターサービス期間が切れる前に不具合を把握し、売主の保証を活用したい。
  • 定期点検前に共用部分の状態をしっかりとチェックしたい。


■さくら事務所では専有部の調査も行っています。

さくら事務所では、多くのマンション管理組合さまのコンサルティングを行なっています。

    • ザ・パークハウス(三菱地所)
    • パークホームズ(三井不動産レジデンシャル)
    • パークシティ(三井不動産レジデンシャル)
    • シティハウス(住友不動産)
    • シティタワー(住友不動産)
    • プラウド(野村不動産)
    • ブランズ(東急不動産)
    • ブリリア(東京建物)
    • イニシア(コスモスイニシア)

>> その他コンサルティング実績はこちら

本サービスで行われること

管理組合ごとに専属チームを結成。専門的な調査はもちろんのこと、理事会役員に作業負担が生じにくいよう、ワンストップサポートします。

理事会サポート
  • 理事会に出席し、説明および打ち合わせを実施
  • 住民説明会や総会議案書に記載する文書(案)をご提案
  • ご希望に応じ、管理組合総会にて共用部分チェックサービスの内容を説明
居住者向けアンケート調査
  • 標準調査には含まない住戸バルコニー内の状況把握のため、全住戸にアンケート調査を実施
現地建物調査
  • 目視でひび割れや変色等の事象有無を確認(高所等歩行で見られない部分は双眼鏡を利用)
  • テストハンマーで外壁を打診(手が届く範囲)
調査報告書に基づくご説明・コンサルティング
  • 調査結果により、不具合の内容と位置をマークした図面を報告書シートにまとめ管理組合にご提出
  • 理事会または説明会等に出席し、結果をご報告
  • 分譲会社や施工会社からの補修提案に対し、技術的な側面からアドバイス
  • ご希望に応じ、分譲会社や施工会社、管理会社との打ち合わせに同席
    ※打合せ出席はオプションとなりますが電話・メール・来所によるご相談は費用に含まれます
  • 万が一、更なる専門的な調査・診断が必要と思われる不具合が確認された場合、当社を通じて精密診断の手配や研究機関に協力を要請することが可能(※別途費用が必要になります)
補修確認・検収検査
  • 補修工事の完了確認書への押印前に、補修工事箇所の確認に同行
永年アフターフォローをご利用になれます
  • サービス後新たに発生・再発した不具合対応へのご相談など

選べる2つのコース

本調査では引渡し後10年目の共用部アフターサービスの対象に該当する建築構造部に関わること及び室内への漏水の有無を確認すること、また、第1回目の大規模修繕工事へ向けた建物の劣化状況への確認をいたします。

基本コース フルスペックコース
料金(税別) 250,000円~ 500,000円~
屋上・塔屋
共用廊下・外階段
外壁
外構部
メーターボックス・パイプシャフト
天井点検口
地下ピット ×
バルコニー・ルーフバルコニー・室内 ×
×
報告書

※料金はマンションの形状及び規模により異なります。報告業務1回含む。
※バルコニー・ルーフバルコニー・室内は、アンケートにより現地確認が必要と判断した場合、別途見積りとなります。
※地下ピットとは
※メーターボックス・パイプシャフトとは

オプション

料金
分譲会社・施工会社協議 概ね3時間程度まで +50,000円
補修工事施工立会い 半日(概ね4時間程度まで) +60,000円
1日(概ね8時間程度まで)
※地下ピットは別途お見積り
+100,000円
補修工事完了確認 半日(概ね4時間程度まで) +60,000円
1日(概ね8時間程度まで)
※地下ピットは別途お見積り
+100,000円

お申し込み前に、理事会に出席してサービス内容のご説明・カウンセリングを行ないます。
(1回まで無料 ※東京近郊以外の場合には別途交通費がかかります)
※当サイトの価格は全て税抜価格です。
消費税は、調査日時点の消費税率に基づいてご精算とさせていただきます。
※東京近郊以外の場合には別途、交通費・出張費がかかります。
詳しくは「お問い合わせ・お見積もり専用フォーム」にてご確認ください

サービスご利用例

共用部分チェックご利用例と理事の感想
【築10年目の分譲マンション】

<調査ご依頼内容>
竣工後3年目に専有部分への漏水が発生、原因は共用部分にあることが確認され、すべて「アフターサービス規準の保証対象」となり無償で複数回の補修工事が実施された。その後建物や設備に関する不具合が発生することはなったが、竣工10年目を迎える理事会(9年目)で10年目のアフターサービス保証期限までにおもに屋上防水・地下ピットなどを対象とした調査およびコンサルティングの依頼を検討。総会決議を経てさくら事務所に依頼。

<調査結果とコンサルティング内容>
調査の結果、地下ピット内に鉄筋の切断を伴う多数のコア抜き(コンクリート躯体の穴あけ)や外壁タイル張り施工の不備など、無償補修の対象となる事象があることがわかり、アフターサービス対象となる事象だけでなくその他の軽微な事象についても分譲会社に無償にて補修してもらうこととなった。

【理事からいただいたご感想】

財閥系の不動産会社による分譲マンションであるため、大きな問題があることはないと信じていたが、大規模修繕工事の施工時期についてアドバイスを求めることを目的として、念のためにという考え方で10年目アフターサービスに対応する共用部分の調査を実施することにしたが、まさか構造的な懸念につながる恐れのある様な不具合が発見されるとは考えてもみなかった。
構造的な懸念についてはさくら事務所の取り計らいにより学識経験者により構成される第三者機関にも客観的なアドバイスを受けることができた上、耐震性・耐久性など安全性に問題はないとのお墨付きを頂けたことで、住み続ける方はもちろん、中古マンションとして売却する際に購入希望者に安心してもらえるマンションになったことは本当にありがたかった。
今は、知り合いのマンションの方々にもアフターサービス期限を迎える前に、さくら事務所の共用部分の調査の実施をおすすめしています。

お問合せから業務終了までの一般的な流れ

1お問い合わせ・お見積もり
お問合せ・お見積もりは「お問い合わせ・お見積もり専用フォーム」またはお電話でお気軽にお問合せください。理事さま・居住者(所有者)さま、どなたでもお問合せ頂けます。
2お問い合わせの内容をもとに、理事会にてカウンセリングを行います
お電話・メールでのご相談内容に応じて理事会に出席させていただき、課題のヒアリング、実施するサービスの内容や料金、進め方についてご説明します。
理事会参加前にご共有していただく為の資料もご提供いたしますので、ご希望ございましたら必要部数をお聞かせください。
※ご希望により、事前に「無料簡易調査」を実施させていただきます。
(※1回まで無料、東京近郊以外の場合には別途交通費がかかります)
3管理組合にてサービス契約の合意(契約締結)をしていただきます。
ご希望により、弊社コンサルタントが総会に出席し、サービスについてのご説明をさせて頂きます。総会でのサービス契約の合意の元、けいた
4調査の準備
調査のご案内や住民アンケートの案を理事会にご提示し、ご検討の上、調査を開始いたします。

(アンケートの配布等は管理会社にご依頼いただきます)

5現地調査を行います
建物内の立ち入り及び共用部分の施錠開錠につきまして、管理会社にご協力いただけるようご依頼いただきます。調査の立ち会いは不要ですが、ご希望に応じて理事会役員さまに調査の様子をご覧いただいたり、共用施設などにご同行いただけます。
6理事会または住民説明会で結果をご報告します
現地調査の結果を報告書にまとめ、理事会または住民説明会でご報告します。
7分譲会社(施工会社)へ補修の申し入れを行います【オプション】
アフターサービス規準に該当する不具合や施工不良について無償補修の申し入れを行います。
※アフターサービス規準の内容は分譲会社や経過年数により異なります
8補修仕様(方法)および補修後の現状確認をします【オプション】
補修が決定した部分については施工会社などから提示される補修の仕様が妥当なものであるか確認させて頂きます。
補修完了後には完了確認書などに理事長様が押印する前に現地を確認します。
9アフターフォローの開始
サービス完了後は、本サービスに関わる永年アフターフォローサービスをご利用になれます。