マンション住民が入れない地下空間「地下ピット」

  • Update: 2013-06-07
マンション住民が入れない地下空間「地下ピット」
writer01
さくら事務所 編集部

マンションの「地下ピット」とは

マンションの地下には、『地下ピット』という空間があります。簡単に言うと、排水管などを修理・交換するための作業スペースです。

(かなり前に建てられたマンションだと、ピットが無かったり、あっても土で埋められていることがあります)

マンション地下ピットの図面

『うちのマンション、地下なんてないですよ?』と思う方がいるかもしれませんが、共用廊下のどこかに下記写真のようなフタがあったら、地下ピットがあるとお考えください。

マンション地下ピットの入口

「地下ピット」の入口はどこ?

頻繁には入らないスペースのため人が長時間滞在することは想定さられておらず、換気扇・換気口などがありません。

ピット内には稀に人体に良くないガスなどが発生していることもあるため、住民が立ち入れないよう、専用の工具を使わないとフタが開けられないようになっています。

入る時は、下記写真のように工具でフタを開け、降りて行きます。

写真のホームインスペクターは、埃などで汚れやすいので防汚服を着用しています。
地下ピットに進入する様子

なお、進入口の下は1メートル以上高さがあることが多いため、転落しないようハシゴなどを中に入れて慎重に降りて行きます。

地下ピットの中はコンクリートの世界

地上部分の柱や壁は、外壁にタイル、室内は内装材でコンクリートが覆われていますが、ピットはコンクリートのまま。

そのため、施工不良や経年・地震などによるひび割れの有無が容易にわかります。

マンション地下ピットの様子

ただし、地下ピットに照明器具はなく真っ暗な空間ですから、コンクリートの施工状況を確認するときには広範囲を照らせる照明器具を持って入らなくてはいけません。

また、高さも1.5メートル程度など、大人が直立できない高さのことが多いため、調査・点検時はかがんだり伏せたりしながら移動します。

ピット内を調査・点検するとき、コンクリートの状態以外に排水管(グレーの管)の状態や雨天後に水が大量に長期間滞留していないかなどをチェックします。

2年、10年のアフターサービス期限のタイミングでチェックしてみると色々な不具合が進行していることや鉄筋の切断を伴う不正なコア抜き(穴あけ)が発見されることもあります。

一度も調査したことがないというマンションは、専門家に調査してもらうことをお勧めします。

参考:地下ピットなどの不具合事例(共用部分現場写真)
共用部分チェック・コンサルティングをご希望の方ははこちらから

「まずは無料相談から」

0120-390-592

受付時間 10:00~18:00(土日祝も営業)