マンションで次世代「4K8K衛星放送」を視聴するには

2018年12月から、次世代の映像規格 「新4K8K衛星放送」が始まります。放送開始まで1年を切った今、マンション管理会社からマンション管理組合に連絡が来ているケースがあります。マンションで新規格の放送を視聴するにはどんな事をしたら良いのでしょうか。

「新4K8K衛星放送」スタートに向けて

現行ハイビジョンを超える超高画質の映像で、現行ハイビジョン放送の解像度の4倍になるのが4K、16倍になるのが8K放送で、立体感も加わり、さらに臨場感のある映像を視聴できるようになります。

映像規格の解像度                       ※総務省webサイトより

地上波も4K、8Kで放送されるのか

今年12月に4Kや8Kで放送されるようになるのはBS放送とCS110放送で、地上波は従来通りのままのデジタル放送です。
また4K、8K放送は従来の放送に置き換わるのではなく、これまでのBS放送、CS放送は継続して放送されます。
アナログ放送から地上波デジタル放送の移行時のように、テレビを買い替えないと視聴できないといった事はありません。

4Kテレビ

どうすれば、マンションで「新4K8K衛星放送」見られるの?

情報量が多い4K放送や8K放送を行うため、放送するための新しい電波、周波数が使用されます。
現在のBSで流れている民放各社の放送は、現在も使われている周波数で4K放送も放送され、WOWOWやスカパーは新しい周波数で放送が始まります。

周波数

現在お住まいのマンションが、屋上に取り付けられているパラボラアンテナで受信しているのか、ケーブルテレビ等の有線で放送されているかを確認する必要があります。
屋上のパラボラアンテナで受信している場合は、従来帯域と新帯域で対応が異なり、ケーブルテレビの場合は、ケーブルテレビ会社に受信が可能かを確認してください。
 

※屋上のパラボラアンテナで受信時の注意点※

(1)従来の周波数のみを受信する場合
現在マンション屋上に設置されているパラボラアンテナで受信可能です。しかしブースター(増幅器)の出力調整や交換が必要になるケースがあります。

(2)新しい周波数も受信する場合
現在マンションに設置されているパラボラアンテナでは、受信できません。そのためアンテナの交換が必要ですが、それに加えて分配器、ブースター、混合器、さらにケーブルや住戸内の端子まで交換が必要になるケースが多いです。その場合、大掛かりな工事になり、費用は勿論、時間を要すケースが多いです。

ここで肝なのが、管理組合の合意形成

新放送の開始が近づくにつれ、メーカー各社が新放送に対応したテレビのラインアップを増し、新放送に関する情報に接する事で、テレビの買い替えを検討するマンション住民の方もいるかと思います。自宅マンションが受信可能なのか、受信可能な場合はどのチャンネルが受信できるのかといった情報は、住民の方々に早めに情報提供した方が良いでしょう。

とはいえ、4K、8Kのためにみんながテレビを買い替えるとは限りません。マンションで受信するために高額な費用が掛かる場合、「うちはTV買い替える予定もないから関係ないし・・・」「それほど優先順位高いですか?」といろいろな意見が出るでしょう。ここでの合意形成なくして、前には進めません。

多くのひとが満足できる合意形成を望むなら、組合運営のプロにご相談されてみてもいいかも知れません。「マンション居住者がどれほど必要としているか?」といったニーズのリサーチ等、進め方の段階からご相談してみることをお勧めします。

マンション管理のプロがアドバイス! おすすめのサービスはこちら

本部 マンション管理チェック

お役立ちコラム 関連記事