ゲリラ豪雨・台風への備えでマンション管理会社レベルをチェック!

ゲリラ豪雨や台風などが多くなる、これからの季節。大雨や暴風雨による被害への注意がマンションにおいても必要になります。また、大雨や暴風雨への備えから、実は管理会社のレベルをチェックすることができるのです。

今回は大雨や暴風雨時における注意すべきポイント、そして管理会社のレベルがいかにチェックできるかをご説明したいと思います。

ゲリラ豪雨・台風の時に注意すべきポイントとは?

まずは管理会社もよく注意点としてあげる4つを以下に挙げたいと思います。

① 飛ばされやすいものはバルコニーから撤去を!

強い風が吹くと、バルコニーにある植木鉢(下のトレーも忘れずに。排水口を覆って、雨水をせき止めてしまう可能性あり)、物干し竿、スリッパ、パラボラアンテナ(マンションによっては設置が禁止)などが飛散する恐れがあります。強風が予想されるときは、これらのものは室内に移動させましょう。

またタワーマンションでは風が巻き上げるので、置き敷きタイルやウッドデッキがきちんと固定されていない場合、飛ばされてしまうことが。しっかりと固定することが必要ですが、注意点があります。接着剤のようなもので固定してしまうと大規模修繕の時に容易に撤去できなくてトラブルになることがありますので、事前に管理会社に問い合わせることをおすすめします。

② サッシの隙間を無くしましょう

サッシの隙間があると、そこから雨が吹き込んでしまう可能性があります。管理会社からテープを貼ったり、レールに雑巾を敷いたりという案内をされることがあるでしょう。
また、強風による窓ガラスの割れによる被害を防止するために、飛散防止フィルムを貼ることも有効です。

③ 排水口の清掃をしっかりと

バルコニーの排水口にゴミが詰まっていると、漏水の原因になります。気をつけたいのが、グルーミングで落ちるワンちゃんの毛や人間の毛、ガーデンにングによる枯葉や土など。
また、こういったゴミをお掃除をしても流れが悪いと感じる場合、長年の使用により雨水管(雨どい)が詰まっていることが。その際はすぐ管理会社に連絡することが大切です。

④ 機械式駐車場の浸水にご注意!

地下式の機械式駐車場には排水ポンプがありますが、その能力では排水しきれない場合があります。
車が冠水しないようにパレットの下段を上にあげたり、お車を全て駐車場外に出す必要が。そのままにしておくと車が水没するという事故が実際に起こっています。

豪雨や暴風時に見える”管理会社のレベルの差”

豪雨や暴風時に見える”管理会社のレベルの差”があります。では一体どういったところに差が出てくるのでしょう。

ルーフバルコニー・屋上周りの排水口の清掃

どんなに居住者が掃除しようと思ってもできない、ルーフバルコニーや屋上周りの排水口。ルーフバルコニーはフェンスの外側にあるので、管理員さんや点検員さんが清掃をしてくれているかどうかが重要です。最近では管理員や点検員も高齢化により、屋上周りの清掃が疎かになっていることも…。
中には排水口や屋上のドレーンに腰高ほどの雑草が生えているマンションも見受けられます。漏水の原因にもなるので、管理会社には漏れなく対応してほしいところです。

マンション屋上雑草1

飛ばされやすい物への対策

台風の接近時など、夜間、休日でも、社員が待機をし、気象予報会社の情報を注視して、必要と判断すればマンションに出動し、土嚢や水のうを敷いたり、防水板をあげたり、カラーコーン、駐車禁止の看板など飛ばされやすい物を片づけるなどの対応している管理会社としていない会社があります。

 

機械式駐車場の排水ポンプ周りの清掃

機械式駐車場にある排水ポンプ周りの清掃や点検をしていないと、ポンプが作動した際にゴミ詰まりを起して動かなかったり、またポンプ自体の故障に気づかなかったりします。そうすると機械式駐車場が冠水して被害が起こる恐れがあるのです。
排水ポンプは釜場の中に入っていますが、その釜場の清掃をしているかも大切なポイントです。もし釜場の清掃が行われていない場合は、管理会社の仕様漏れの可能性が考えられます。

排水ポンプ釜場

以上、豪雨・暴風雨対策一つをとってもこれだけ管理会社の差が出ることがお分かりいただけたでしょうか。自分の管理会社がこれらの対策や清掃をしてくれているか、今一度確認してみましょう。

 

●マンション管理についてのチェックをご希望の方はこちら
●マンション管理についてお役立ち情報・セミナーが無料で受けられる会員登録はこちら

お役立ちコラム 関連記事