マンション管理組合は運命共同体

「仕事も忙しく他の部屋の方々とのお付き合いも好きではないので、管理組合には加入したくない…」

これは、マンションの購入を検討されている方からいただいたお話ですが、よくよくお聞きしたところ、マンションの管理組合を町内会や自治会とを混同されているようでした。

分譲マンションを所有=自動的に管理組合員に

マンションの管理組合は「区分所有法」で定められている団体で、マンションを所有すると同時に、個人の意思に関わらず自動的(強制的)に組合員となり、任意に脱退することはできません。すでにマンションを所有している方は、管理組合に加入しているという意識がない場合でも管理組合員であるということです。
新築で分譲されたマンションで入居開始から間がなく管理組合の設立総会が開催されていない場合や、投資用不動産として購入され賃貸運用されている場合、転勤などの理由で所有者が自ら住んでいない場合でも、すべての所有者が例外なく管理組合員であるという原則が変わることはありません。
これとは逆に、分譲マンションに賃貸で入居されている方や所有者と同居している家族は、管理組合への加入を要望しても加入することはできないのです。個人の意思によって、任意に加入や脱会を選択できる町内会などとは大きく異なります。

マンション管理組合は運命共同体

町内会や自治会の目的は、地域に居住されている方々と親睦や交流を深めることにありますが、管理組合の目的はマンションの共用部分を維持管理することで、マンション管理適正化法にも「管理組合はマンションを適正に管理するように努めなければならず、また区分所有者は管理組合の一員としての役割を果たすように努めなければならない」と規定されています。

マンションを購入するということは、他の所有者の方々と協力して共用部分の維持管理を行うという義務を負うということなのです。
マンションは都会的な住宅で近隣との煩わしいお付き合いをする必要がなく、鍵1本で安心して暮らせる。そして管理費や修繕積立金を支払ってさえいれば、あとは管理会社に任せきりにできる手軽なものというイメージで考られている傾向があると感じます。けれども分譲マンションを所有するということは、土地や建物・設備を共有する管理組合という運命共同体に参加して、自分たちのマンションをどのように管理していくのか、自分たちでしっかり考え、実行していかなければならないものだということを十分にご理解いただきたいと思っています。


●マンション管理に精通したさくら事務所のマンション管理士が運営をサポート!詳しくはこちらから
●マンション管理についてお役立ち情報・セミナーが無料で受けられる会員登録はこちら

お役立ちコラム 関連記事