マンションの”憲法”、管理規約とは?

  • Update: 2017-05-09
マンションの”憲法”、管理規約とは?
writer01
株式会社さくら事務所

マンションの管理規約で定められているのは?

分譲マンションのような建物は区分所有建物と呼ばれ、「建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)」によって、所有関係や権利・義務といった基本的なことが定められています。

しかし、構造や立地、規模などマンション毎に使用方法や維持管理に関する事情もさまざまに異なることから、区分所有法では、個々のマンションの実状に応じたルールを定めることができるとされています。

このルールが管理規約です。マンションの憲法ともいわれるもので、一般的に次のような事について定められています。

  • 共用部分の範囲
  • 管理組合の業務に関すること
  • 管理組合の運営に必要なこと
  • 理事会の権限や義務など

 

マンション管理規約イメージ

 

管理規約は管理組合の現状にあっているか?不備や問題はありませんか?

管理規約は区分所有者全員に対して効力が及び、売買や相続・贈与などにより新たに区分所有者になった人も効力の対象となります。

また、賃借人についても、建物等の使用方法に関しては区分所有者と同じ義務を負うため、規約に則した使用しかすることができません。

管理規約が、管理組合の現状にあっているか 、不備や問題がないか、現行法に即しているかなど見直しやアドバイスをご希望の方はお気軽にお問合せください。

あわせて読みたいコラム

まずは無料相談から

050-1745-3309

受付時間 10:00~18:00(土日祝も営業)

writer01

株式会社さくら事務所

ホームインスペクション(住宅診断)をはじめとする個人向け不動産コンサルティングや管理組合向けコンサルティングを行っている。400を超えるマンション管理組合のコンサルティング実績をもち、大規模修繕工事や長期修繕計画の見直し、瑕疵トラブルなどの管理組合サポートサービスを提供している。

メールマガジン登録

マンションの住み心地&資産価値アップのためのお役立ち情報をお届けします。

メールアドレス
close