アフターサービス活用事例と節約術

マンション管理組合セミナーの様子 マンション管理組合セミナーの様子
分譲マンションにおける、建物・設備の維持管理の第一歩はアフターサービスの徹底活用から!!

マンションの長期修繕計画には建築時の施工不良の修繕は含まれていませんが、施工不良が原因の劣化でも引渡し後2年を過ぎたら有償の修繕になってしまうことも珍しくないのが現状。

専有部分(室内)と同様、アフターサービスを徹底的に活用しなければ、本来、管理組合が支払う必要のないムダな修繕費用が発生し、修繕積立金の負担は増えるばかりです。アフターサービスの適用範囲で無償修繕することは購入者として当然の権利。

修繕積立金のムダを防ぐためには欠くことができないものです。

今回はマンションの売主が一定期間無償で修理・補修をするアフターサービスを徹底活用し、修繕積立金の節約につなげる秘訣を、様々な事例をご紹介しながら伝授します。 60分のセミナーのあとには、実際のお悩みや課題についてアドバイスをする質疑応答のお時間もたっぷり設けています。ぜひ、この機会に疑問点や不安を解消してください。

●質疑応答時に具体的な相談をご希望の場合、管理規約、管理委託契約書、長期修繕計画書、管理組合決算書などをお持ちいただくと、より詳しい回答ができることがあります。

午後の部(1330~)「高騰する大規模修繕工事費用の現状と想定外な出費!」では、消費税増税の駆け込み需要や震災復興の特需などによる職人不足などが、建設資材や工事費の高騰を招いています。これに伴い現状の長期修繕計画や修繕積立金の設定に、漠然とした不安や疑問を感じている方へ向けて、工事費などの現状や想定外の出費につながる事例について解説&アドバイスをします。 午前の部・午後の部あわせてのご参加も大歓迎です!

参加申込は受付終了いたしました

<今回のセミナーにご参加できない方へ>
今後のセミナーのご案内やお役立ちコラムなど、最新情報をメールマガジンでお届けしています。
ご登録はこちらから!

さくら事務所では、随時セミナーを開催しておりますので、下記セミナー一覧ページからお探しください。