長期修繕計画と修繕積立金の考え方

マンション大規模修繕工事 マンション管理セミナーの様子

マンションの資産維持には、適切な時期に、適切な修繕工事をすることが大切です。そのためにも、しっかりとした長期修繕計画と、それに基づいた修繕積立金などの資金計画が大事。新築マンション購入時の長期修繕計画も定期的な見直しが必要で、国交省からも5年程度ごとに調査・診断の実施、見直しをすることが望ましいとされています。

そこで今回のセミナーでは、多くの組合で課題としてある長期修繕計画と大規模修繕工事についてテーマにあげ、午前・午後とに分けて開催。もちろん両回にご参加いただくことも可能です !多くの事例を担当したマンション管理コンサルタントが第三者的立場からマンション管理運営をスムーズに進めるコツをお伝えします。

セミナーのあとには、実際にお悩みの個別問題にコンサルタントがその場でアドバイスする質疑応答の時間もたっぷり設けています。

参加者の皆さまで、課題を共有できる場にもなっていますので、ぜひ、この機会に疑問点や不安を解消してくださいね。

●管理規約、管理委託契約書、長期修繕計画書、管理組合決算書などお持ちいただくと質疑応答の時間にその場で具体的なご質問を承ります。

参加申込は受付終了いたしました

<今回のセミナーにご参加できない方へ>
今後のセミナーのご案内やお役立ちコラムなど、最新情報をメールマガジンでお届けしています。
ご登録はこちらから!

さくら事務所では、随時セミナーを開催しておりますので、下記セミナー一覧ページからお探しください。