賃貸一棟マンション2年目点検インスペクション(住宅診断) 

修繕費用はもっと賢く節約できる! ~アフターサービス徹底活用のススメ~

新築で投資用物件を取得したオーナーの皆様、2年間のアフターサービス徹底活用でその後の修繕費を大幅に節約できるのはご存じですか?

一般的な新築の契約には2年間のアフターサービスがついていて、オーナー様は基準内の不具合であれば無償で補修してもらう権利をもっています。

ところがこのアフターサービス、オーナー様が自ら不具合を探し建設会社様へ申告する必要があり、中には権利自体を知らずに2年が過ぎてしまう方も・・・

建物は実際に人が住み始めてわかる不具合もたくさんあります。最初の入居から2年以内に不具合を発見して、適切にしかも無償で修繕しておくのとそうでないのとでは、後にオーナー様の負担に大きな差が出るのです。

近年、築2年を迎えるタイミングで点検を専門家に依頼して、修繕が必要な箇所と建設会社様による修繕方法が適切かどうかアドバイスを求め、修繕費を賢く節約するオーナー様が増えています。

なお、点検には入居者様の協力が不可欠ですので、事前に告知しておくことをおすすめします。

※アフターサービスの期間や基準は、アフターサービス基準書などをご確認ください。保証対象外の事象や保証期間を過ぎたものは、修繕は無償対応してもらえません。

賃貸部分だけでなく共用部分も!

アフターサービスの対象は、賃貸部分だけではありません。共用部分(廊下・階段・エントランス・駐輪場・植栽など)も対象です。

※設備配管、配線、漏水の保証期間は2年以上の場合があります。また、共用部分の保証は1年の場合もありますので、詳細は建設会社様にご確認ください。
※新築住宅の10年保証は「構造上主要部分」「雨水浸入防止部分」のみです。

アフターサービス終了後に生じるリスク

  • アフターサービス期間終了後に不具合がわかり、自己負担で補修。
  • 建物の状態がわからず補修計画・収支計画が立てられない。
  • 建物に問題が発生し、入居者の生活に支障が出ます。
  • 建物に生じた問題について、責任の所在があいまいになります。
  • 建物のトラブルが入居率や家賃に影響し、結果として投資収益性を下げてしまう恐れも。

2年目点検でよく見つかる不具合・劣化事象の例

  • 網戸が外れている
  • 床鳴りがする
  • 壁紙がはがれている
  • コンクリートのひび割れ
  • 天井裏のダクトが外れている
  • 配管からの水漏れ

こんなタイミングのオーナー(家主)様におすすめ!

『収益物件・投資・賃貸用の住宅を所有している方』で、まもなく築2年を迎える方

※その他の期間の方も築年数に応じてご利用いただけます。

本サービスでオーナー(家主)様が得られるメリット

  • インスペクション費用は事業経費にできます。
  • アフターサービス期間内に修繕することで、出費を軽減できます。
  • アフターサービス期間後、リフォームや修繕に「いつごろ」「どこにいくらくらいのお金がかかるのか」がわかります。
  • 『建築士のインスペクション(定期点検)済み』の物件であることをご入居者に情報提供でき、安心してもらえます。
  • 構造や設備、防犯性など、建物の本質的な性能がわかります。
  • 高レベルの検査精度で、施工会社や入居者とのトラブルを軽減することができます。
  • 売却や相続をする前にその建物のメリット・デメリットを 知ることができ、報告書があるため次の所有者が安心できます。
  • ホームインスペクターの知識・経験に基づいた報告・アドバイスを受けられます。
  • 大家様・賃貸オーナー様と建設会社様や仲介会社(管理会社)様の今後の関係 に配慮しつつ、冷静かつ的確なコミュニケーションが行われます。
  • 結果の概要がその場でわかるほか、オプションのインスペクションデータは物件の将来価値を維持するための大切なデータ「住宅履歴書」 として保管できます。

具体的なチェック項目(一部を抜粋)

■バルコニー・テラス・玄関ポーチ(専用使用権のある共用部分)共用部分不具合タテ

 外壁:仕上げの著しいひび割れ・欠損・浮き・チョーキング・こけ・変退色・水染み跡・剥がれ・ポップアウト・隙間・白華 シーリング材:著しいひび割れ・剥離・破断 床面:破断・めくれ・浮き・勾配不良・著しいひび割れ・欠損 ドレイン:著しい錆び・外れ・異物詰まり 手すり:支持部材の腐食、ガラスのひび割れ・欠損 軒裏:著しいひび割れ・欠損・浮き・剥がれ・水染み跡・白華 雨樋:変形・破損・外れ・著しい変退色 配管配線:貫通部の隙間 外部金物等:ぐらつき・著しい錆び・腐食 メーターボックス等:鉄部の欠損・錆び・チョーキング等

住戸内仕上げ表面

壁・柱・梁:湿気が原因と考えられる剥がれ・著しい割れ・腐食・かび・水染み跡 床:ひび割れ・剥がれ・著しいめくれ・欠損・腐食・かび・床鳴り・きしみ・沈み 天井:著しいひび割れ・欠損・腐食・かび・水染み跡等

■天井裏(浴室等)

コンクリート表面:著しい割れ・ジャンカ・漏水・かび等

■住戸内設備

給排水設備:床下排水管の漏水、給水の吐水量不足・水の著しい変色・漏水、給湯器からの漏水、排水時の封水の吸引または噴出し・排水不良・詰まり・漏水 換気設備:給排気量不足・動作不良・異音・ダクト接続不良・外部貫通部破損・滅失 火災報知器:有無

生活やリフォームに関係するアドバイス項目

防犯対策:玄関ドアの鍵の数、窓の鍵の仕様、ガラスの仕様 リフォームのしやすさなど:床・天井の工法、排水管の位置、給水管の耐久性(材質) バリアフリー:床段差、手すり設置箇所 安全対策:転落の恐れがある窓の手すり その他:遮音性が低い壁仕上げ工法の有無、エアコン設置の可否、電気容量・ブレーカーの落ちにくさ(分電盤の回路分け、エアコン等専用回線の有無)、窓の断熱対策等

※共用部分については、「道路面から見える範囲の外壁」「共用廊下・階段」「屋上・ルーフバルコニー(危険なく調査可能な場合)」「入居者が日常的に使用する共用施設(ごみ置き場・駐輪場・駐車場等)」についてお知らせします。
※床下・天井裏は容易に開閉できる点検口がある場合に確認できます。
※機能性や施工状態をチェックするサービスとなり、図面や仕様書との整合確認や傷・汚れに関してはチェック項目に含まれておりません。

サービス料金

■基本コース

7万5000円+税~
※住戸内部を確認できない場合は6万円+税~

■インスペクションデータ(オプション)

1万円+税~

お問い合わせから業務終了までの一般的な流れ

1ホームページまたは電話でお問合せください
お問合せ・お見積もりは「お問い合わせ・お見積もり専用フォーム」またはお電話でお気軽にお問合せください。
2必要書類を送付ください
平面図、立面図など出来るだけ多くの図面のご用意をお願いします⇒ ※調査参考資料一覧をご参照ください。
3担当者よりご依頼者様へ連絡(ご挨拶・待ち合わせ場所・時間の確認)
調査の前日までに、調査担当者より、お電話にて確認のご連絡をさせていただきます。
4現地にて調査
調査結果は当日、現地でお知らせいたします。調査の4日後、PDFファイルにてインスペクションデータを送信します。
5アフターフォローの開始
サービス完了後は、本サービスに関わる永年アフターフォローサービスをご利用になれます。