2/5(水)立地だけじゃない!知らないと怖いマンションタイプ別災害リスク

2/5(水)立地だけじゃない!知らないと怖いマンションタイプ別災害リスク

記憶にも新しい昨年の台風被害。

災害時のマンションの一部の脆弱性が明るみになり、話題にもなりました。

消防点検や災害用備蓄など、火災や地震への対策はしっかり行っていても、大雨や台風などの水害については対策をとっていないところも多いでしょう。

リスクのある場所で分譲されていても、その対策が十分に取られているとは限りません。

エリアや立地に限らず、まずはマンションのリスクを把握することが重要ですが、お住まいのマンションのリスクを把握されていない方も。

また、タワーマンションは歴史も浅く、災害時にどんな事態に陥るかわかりません。

建物は大きな被害がなくとも、インフラが被害に遭えばその後しばらく生活で不便を強いられてしまいます。

多くのマンションがいまだ無防備なままですが、来たる次なる災害に、防災対策を改めているマンションもあります。

本セミナーでは、さくら事務所のマンション管理コンサルタントが、マンション防災の最新事情をご紹介します。

総会前に、来期こそ本格的に防災対策を見直したいとお考えのマンション理事さん、ぜひご参加ください。

当日お話する内容の一部

・ハザードマップだけじゃない!水害リスクの確認の仕方

・災害時、マンションの防災設備はどうなる?何が動く?

・徹底活用!マンション防災の助成金

・立地だけじゃない!マンションタイプ別リスクとその対策

こんなマンション理事さんにおすすめ

・マンションの防災対策を見直したいという方

・マンションの理事や、防災委員の方

・築年数が浅く、防災対策を見直したことがないという方

・他のマンションでどんな防災対策をしているか知りたいという方

受付状況

受付中

開催日

2020/2/5(水)18:30~20:00 ※18:15受付開始

開催場所

新宿駅近郊 ※お申込みの方に別途ご案内いたします

定員

30名

参加費用

メルマガ登録で無料!当日でも入会可能です。 ※登録なしの方は1組1000円

講師紹介

tsuchiyasan

土屋 輝之(マンション管理コンサルタント・マンション管理士)

不動産仲介営業から新築マンション販売センター長を経る間に、不動産売買及び 運用コンサルティング、マンション管理組合の運営コンサルティングなど、不動産に関連したキャリア長年にわたって築き、(株)さくら事務所参画。

不動産関連資格も数多く保持し、深い知識と経験を織り込んだコンサルティングで 支持される不動産売買とマンション管理のスペシャリスト。
マンション管理サービス部門責任者。

【保有資格】マンション管理士、管理業務主任者、マンション維持修繕技術者、二級建築施工管理技士、宅地建物取引士、二級ファイナンシャルプランニング技能士、不動産コンサルティングマスター、消防設備士 甲種 1類、2類、4類、5類、消防設備士 乙種 6類、日本ホームインスペクターズ協会 公認ホームインスペクター、外壁仕上診断技術者(ビルディングドクター<非構造>)、建築設備診断技術者(ビルディングドクター)

参加申込はこちらのフォームから

<今回のセミナーにご参加できない方へ>
今後のセミナーのご案内やお役立ちコラムなど、最新情報をメールマガジンでお届けしています。
ご登録はこちらから!

マンション防災セミナー
お名前必須
ふりがな必須
ご年齢
ご参加人数必須
マンション名必須
管理組合の役職など必須
メールアドレス必須
メールアドレス確認必須
緊急連絡先電話番号必須
今回のセミナーを知ったきっかけ
(複数選択可)必須
 さくら事務所ホームページ Facebook Twitter さくら事務所メールマガジン 外部イベントサイト その他
今回のセミナーで特に知りたいこと

上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。