マンション大規模修繕工事の周期延長が広まらない業界側の3つの事情

マンションの大規模修繕工事について、12年周期が当たり前のようになっていますが、もともとこれはあくまで「目安」でした。

国土交通省が長期修繕計画ガイドラインで参考値としてだした目安の「12年」が神格化して年数だけが一人歩きしたものと思われます。

そもそも、新築分譲時の長期修繕計画は、その多くが画一的に作成されたものであり、立地環境や施工品質、建物の状態によってはそのタイミングで計画通りに工事を行わなくてもいいケースも多数あります。

最近では「大規模修繕工事は12年周期が当たり前」に疑問を持つマンション管理組合も少なくありません。

「過剰・不要な修繕費用にまで修繕積立金を払いたくない」と周期の延長・見直しを検討するマンション管理組合も増えています。

そんな中、大手マンション管理会社が大きく謳ったことで俄然注目を浴びるところとなったのが「大規模修繕工事の周期延長」

一般的に12年とされる大規模修繕工事ですが、高耐久化の工事を行うことによりその周期の延長(18年にまで延長)をはかり、トータルでの大規模修繕工事の回数を減らし長期的に大きなコストダウンが可能になるのです。

とはいえ、この考え方はなかなか広まらず、希望しても周期延長に至らないマンション管理組合も多くあるようです。

ここでは、大規模修繕工事の周期延長が広まらないマンション修繕業界の3つの事情をご紹介します。

大規模修繕工事の周期延長が広まらない3つのワケ

①12年ごとに受注できるビジネスモデルは壊せない

マンションの大規模修繕工事は、これまで12年周期が当たり前とされてきました。(ちょっと前までは10年周期というところもありました。)

このかたちは、管理会社や施工会社からすれば、12年ごとに大きな工事が行われることがあらかじめ把握できるため、先々の計画も立てやすくなります。

いわば、マンション修繕業界の中でしっかりとビジネスモデルとして出来上がっているのです。

そんな中、あえて大規模修繕工事の周期延長を提案するのは、管理会社も施工会社自らも工事受注のチャンスを失う可能性すら含んでいます。

黙っていても慣習的に注文してくれるであろう工事について、そもそも工事周期の提案はなかなかしにくいものです。

現時点では特定の管理会社や施工会社を除いては大規模修繕工事の周期延長の提案を受けることは難しい考えた方がいいでしょう。

②まだまだ十分な提案ができる施工会社がない

大規模修繕工事の周期を延長するには、通常の12年周期の大規模修繕工事に比べて、防水工事や外壁塗装工事などは高耐久の部材・工法による耐久性の高い修繕工事を行う必要があります。

次回、足場を掛けるまでその品質が保証されるよう、多少割高になりますが、耐久性の高い仕様で工事を行う必要があるのです。

ところが今はまだ、この耐久性の高い修繕工事について、積極的に提案を行う施工会社が少ないのが実情です。

建通新聞などの業界紙による公募などで大規模修繕工事の施工会社を募集した際、応募してくる会社の中で高耐久性工事の提案が行える施工会社は2~3割といったところでしょう。

周期延長に欠くことのできない「高耐久な修繕工事」に積極的に取組んでいないことも、大規模修繕工事の周期延長を難しくしている原因の1つです。

③これまで通りのこまめな修繕が安心、という考え方

そもそも「これまで通りの12年周期の大規模修繕工事をしていったほうが確実で安心のはず。」と考える施工会社も多くあります。

これまでやってきたことに変化を好まない、「これまで通りであれば安心」という考えはどこの世界でもあります。

施工会社や管理会社だけでなく、管理組合の中にも「これまで通り、よそもやっている通りにやったほうが問題ないんじゃない?」と思う方がいても不可思議なことではありません。

現在、多くのマンションが修繕積立金不足に悩んでいると言われていますが、そういった費用の問題を度外視すれば、早目に修繕を行うことで建物や設備の維持管理はより確実なものになる、という考え方に異を唱える余地はありません。

最初に挙げたように12年周期による大規模修繕工事というビジネスモデルが出来上がっている業界の事情もあり、なかなか新しい試みにチャレンジしようという施工会社が少ないのです。

5年後、10年後、大規模修繕工事の18年周期が当たり前になっているかも

まだまだ大規模修繕工事の周期の延長には障害もありますが、管理組合の皆さまが関心を持っていることもあり状況は変わっていくと思われます。

ニーズが広がれば、その提案力を磨く施工会社もどんどん増え、修繕の新たな工法や技術の開発も進むでしょう。

5年後、10年後には大規模修繕工事の18年周期も当たり前になっているかも知れません。

マンション管理のプロがアドバイス! おすすめのサービスはこちら

関西圏 施工会社選定(プロポーザル方式:提案力比較型)

▼ その他のエリアはこちらから ▼

お役立ちコラム 関連記事