タワーマンションの管理費、修繕積立金ってやっぱり高いの?

  • Update: 2018-11-22
タワーマンションの管理費、修繕積立金ってやっぱり高いの?

高層階ならではの眺望、豪華な共用施設に、便利なサービスの充実などが魅力のタワーマンション。

その人気もあいまって、近年都心部で急増していますが、「修繕積立金や管理費が高いのでは?」という噂も。

ここでは、マンション管理コンサルタントがタワーマンションの修繕積立金と管理費について解説します。

タワーマンションは管理費が高い?

総戸数など、規模、管理形態によって異なりますが、一般的なマンションと比較すれば高いケースがほとんどでしょう。

とはいえ、高い理由も明白。

タワーマンションはその豪華な共用部、便利な施設がメリットでもあります。

24時間有人管理で、日中は管理員さんがいて夜間には警備員さんに交代して見回りをしてくれたり・・

クリーニングや宅配の取次、タクシーの手配をしてくれるコンシェルジュがいたり・・・

アスレチックジムやゲストルームが充実していたり・・・

とはいえ、「生活する上で必要でもないし、さほど欲しいとも思わない」という方には、これらのサービスも設備も金食い虫のように感じてしまうかもしれません。

上に挙げたようなホテルライクなサービスや贅沢な共用施設に価値を見いだせないのであれば、タワーマンションに住むのは高い管理費を払ってもメリットを感じられないので、おすすめできません。

入居後、管理組合で「(共用部やサービスを)不要だから廃止しましょう」という声を上げるという手もあります。

ですが、自分が必要と思わなくとも、それらに価値を感じて同じマンションを購入した方もたくさんいるでしょう。

いろいろな価値観の方で共有しているのがマンション。自分の価値観を押し付けても、うまくいきません。

お住まいのマンションで共用部やサービスの見直しを考えている方は、住民アンケートを取るなどして皆さんの意識を確認・把握しながら進めていくことが肝心です。

タワーマンションは修繕積立金が高い?

タワーマンションは、その姿形からしても明らかなように、一般的な形状のマンションよりも桁外れに修繕費・維持費が掛かります。

とはいえ、スケールメリットがあるのもタワーマンションのポイントです。

戸数が多いので、その分割安になっているはずなのですが、やはり戸当たりの負担を考えると一般的なマンションに比べて明らかに割高になってしまいます。

タワーマンションには一般のマンションにはない設備などが多数あり、その維持・修繕に費用が掛かるのです。

ですので、積立金の使途は一般のマンションよりもさらに慎重に考えなければいけません。

定期的なメンテナンスをこまめにすることで、設備の劣化を遅らせることや、早目に修繕を行うことにより交換周期を長くすることも可能です。

また、修繕積立金は安ければいいというものではありません。

新築時の修繕積立金は、月々の負担を軽く見せて売りやすく・・といった思惑もあるのか、低めに設定されていることがほとんどで、早晩、値上げせざるを得ないものです。

竣工後の早い段階から、将来の値上げを見越して修繕積立金を適切なところまで値上げしてあるマンションは長い目で見て安心と言えるでしょう。

大事なのは、居住者のニーズにあっているか?その金額が適切か?ということ

管理費も修繕積立金も、高い安いだけでなく、マンションに住む人・持つ人が適切と感じているか?今後も建物や快適な生活が維持していける適切な金額か?を見極める必要があるでしょう。

「他のマンションを知らないから適切かわからない・・」という方は、第三者の専門家に相談してみることもおススメします。

「まずは無料相談から」

0120-390-592

受付時間 10:00~19:00(土日祝も営業)