マンション外でも実は使える、管理組合の個人賠償責任保険

マンションの管理組合では、汚損や破損、事故の発生に備えて火災保険に加入しています。この管理組合の保険に、床下給水・排水管からの水漏れなどのトラブルに対処するため増えてきたのが個人賠償責任保険特約。実は『マンション外での事故でも使うことができるケース』『マンションに住んでいる組合員の方以外にも適用されるケース』があることは、意外と知られていません。このことをマンション管理会社も知らないことがあることから、活用しきれていないケースもあるようです。

マンション管理組合の個人賠償責任保険内で補償されるガラスのひび割れ

個人賠償責任保険で補償される事故とは

  • 日常生活の中で起こした事故で,他人にケガをさせたり他人の物を壊したりしたことにより法律上の賠償責任(*)を負う場合に、損害賠償金が支払われます。

*注)法律上の賠償責任は必ずしも、裁判上の確定判決によることを要しません。

対象になる事故例 対象にならない事故例
【マンション内での事故事例】

・床下の給排水管に亀裂が生じ、水漏れで階下の部屋に損害を与えた

・洗濯機のホースがはずれ、階下の部屋に損害を与えた

・自分の部屋のバルコニーから植木鉢を落とし、下に駐車中の車に傷がついた

・子供がエントランスの扉に衝突し、ガラスを壊した

【マンション外での事故事例】

・食器店で陳列してある食器に誤って触れ、落として壊した

・自転車で通行人にケガをさせた

・駐車中の車を傷つけた

・子供が保育園でケンカして他の子にケガを負わせてしまった

・飼い犬が他人に噛み付いてケガをさせてしまった

・故意によって生じた賠償責任

・職務の遂行に直接起因する事故

・他人から借りたり、預かったもの物を壊したりしたことに対する損害賠償

・自動車・バイクによる事故・地震、噴火、洪水等の天災 等

被保険者(補償される人)の範囲

マンションに居住している方(賃貸でお住まいの方も含みます)だけでなく、マンションに居住している方の配偶者・同居の親族および生計を共にする別居の未婚の子、マンションに居住していない区分所有者(建物専有部分に起因する区分所有者の責任のみが対象なります)も含まれます。

既に個人賠償責任保険に加入していたら?

事故の際、どちらの保険を使うかは契約者(被保険者)の自由ですが、保険会社が他の保険の存在を知った場合は双方の保険での按分払いになります。請求は一つの会社に行いますが、保険会社間で決済され、最高の補償限度額は合算の金額になります。管理組合で加入の個人賠償責任保険で十分とお考えの場合は、個人で契約されている個人賠償責任保険を解約するか、満期時に更改しないという対応も考えられます。

 

マンションにお住いの方で管理組合が個人賠償責任保険を特約としてつけているかどうかご存知ない場合は、管理会社または管理組合に確認なさってみると良いでしょう。

また管理組合が加入している火災保険にムダがあるケースがしばしば見られます。さくら事務所ではマンション管理組合保険見直しサービスをスタートしましたので、ぜひご活用ください。

 

マンション管理組合保険見直しサービスがスタートしました!

詳しくはこちらからご覧ください>>>

https://www.s-mankan.com/service/hoken-minaoshi.html

 

お役立ちコラム 関連記事