4月23日(日)開催 マンション管理組合セミナー「大規模修繕工事は準備が肝!」

管理組合セミナー

「マンション管理組合のミカタ東海」の開業を記念しまして、マンション管理組合向けに「大規模修繕工事」をテーマにした無料セミナーを開催いたします。

「スラム化予備軍マンション」という言葉も生まれ、マンション管理への重要性が大きく取り沙汰されようとしています。とはいえ、まだまだ意識の高いマンションばかりではありません。

資産性の維持・向上に向け、適切な管理組合運営に乗り出すマンションもあれば、大規模修繕工事の資金難に苦しむマンション、建物の老朽化と居住者の高齢化という2つの老いに抗うことができずスラム化に進むマンションなど、今まさにその差は大きく広がりつつあります。

2回目、3回目の大規模修繕工事で資金難に苦しむというケースはこれまでにも多く聞かれましたが、昨今の高騰した工事費や竣工時の修繕計画の甘さから、1回目の大規模修繕工事にも頭を抱えるマンションもあります。築年数の浅いマンションも、長期的なスパンで建物の使用・修繕を考える必要があります。

今から適切な準備をすることで、あなたのマンションもまだ間に合うかもしれません。

当日は、本社サービス責任者でメディアでの登場も多い、マンション管理コンサルタント土屋輝之も登壇。昨年、東京都主催のマンション管理・再生セミナーでご紹介し大きな反響を頂いた、新たな大規模修繕工事の進め方「プロポーザル方式」について解説致します。
さくら事務所コンサルタントシステム東海代表の坂川泰士朗は、設備や仕様選定の注意点についてお話します。
いずれも、大規模修繕工事の準備を進める上での実践的な内容をお送りします。

分譲マンションにお住まいの皆さま、ぜひご参加ください。

受付状況

受付中

開催日

2017/04/23

開催場所

タイムオフィス名古屋

定員

20名

参加費用

無料

講師紹介

土屋輝之マンション管理コンサルタント 土屋 輝之

不動産仲介営業から新築マンション販売センター長を経る間に、不動産売買及び 運用コンサルティング、マンション管理組合の運営コンサルティングなどを幅広く 長年にわたって経験後、(株)さくら事務所参画。
不動産関連資格も数多く保持し、深い知識と経験を織り込んだコンサルティングで 支持される不動産売買とマンション管理のスペシャリスト。
マンション管理サービス部門責任者

<保有資格>
マンション管理士、管理業務主任者、マンション維持修繕技術者、二級建築施工管理技士、宅地建物取引士、など

坂川 泰士朗さくら事務所コンサルタントシステム東海 代表 坂川 泰士朗

一級建築士になって約25年。その間携わった設計監理業務は、大手不動産会社の分譲マンション、店舗、病院、個人邸など2,000戸超。他にも不動産の有効活用を考える建築コンセプトの企画立案や販売促進サポートなど、建物と多面的に関わり続けています。

<保有資格>

一級建築士、宅地建物取引士、既存住宅現況検査技術者、フラット35適合証明技術者、木造住宅耐震診断員

第1部 大規模修繕工事の進め方と新手法

講師:土屋 輝之(さくら事務所マンション管理コンサルタント・本社サービス部門責任者)

○マンションのライフサイクルを考える
○修繕積立金残高と大規模修繕工事の予算
○大規模修繕工事中に不具合が発覚したら?
○新手法「プロポーザル方式(提案力比較型)」

第2部 注意すべき設備・仕様の選定ポイント

講師:坂川 泰士朗 (さくら事務所コンサルタントシステム東海 代表)

○新築工事と大規模修繕では考え方がまるで違う?!
○コンクリートはなぜ割れる?
○タイル剥離が起こるワケ
○大規模修繕ではどんな基準で選定したらいいの?

 

タイムテーブル ※13:45受付開始

14:00~14:45 第1部「大規模修繕工事の進め方と新手法」

14:45~15:15 第2部「注意すべき設備・仕様の選定ポイント」

15:15~15:45 質疑応答

 

 

参加申込は受付終了いたしました

<セミナーに参加できない方へ>
2週間に1回、業界や経済・市況動向、建物の維持修繕や管理のコツなど、不動産・建築ジャンルのお役立ち情報をメールにてお届けいたします。
セミナーにお越しいただくことができない方、是非こちらのメルマガ登録フォームからご登録ください!

さくら事務所では、随時セミナーを開催しておりますので、下記セミナー一覧ページからお探しください。