マンションの外壁、なぜタイル?いつからタイル?

近年、多く目にするようになった、マンションの外壁タイル剥落のニュース。

現在、マンションといえばタイル張りが主流になっていますが、そもそもいつから?なぜタイルが貼られるようになったのでしょうか?

今回はマンションと外壁タイルの歴史についてマンション管理コンサルタントが解説します。

マンションと外壁タイルの歴史マンションの分譲が始まった頃、外壁は「吹付」が主流で、タイルが使われる物件は多くありませんでした。

そもそも、タイルも吹付も役目は同じ、「コンクリートを守る」ことです。

鉄筋コンクリートは酸化(サビ)に弱い鉄筋をアルカリ性のコンクリートで包み込むことで、鉄筋をサビから守っています。

しかし中性の雨(最近は酸性化しているとも)がコンクリートに当たり続けると、コンクリートの中性化が始まり鉄筋がサビてしまいます。

そこでコンクリートの表面をタイルや吹付で守り、雨が直接当たらないようにしているのです。

(打ちっぱなしコンクリートの建物は、数年に1回のペースで撥水材を塗布することで中性化を防いでいます。)

外装タイルは高級という流れ

当初のマンションの外装のほとんどは吹付でした。関東大震災を教訓に政府主導で建設された同潤会アパートも、外装は吹付です。

タイルは吹付に比べて高価だったので、一部の高級物件に使われていました。

外壁タイルが高級物件というのを決定的にしたのは、1965年に表参道に建設された総タイル張りのマンション「コープオリンピア」です。

分譲価格が1億円を突破した、日本初の億ションとしてコープオリンピアは高い注目を集めます。

これに刺激を受けた某不動産業者が全ての物件をタイル張りにして分譲し、これが大ヒットします。この不動産業者は全国に総タイル張りのマンションを展開しました。

時代は「外壁に多くのタイルを使えば使うほど高級」といった風潮になります。

1989年、北九州のタイル剥落事故

バブル景気に沸く1989年、北九州市の10階建ての団地で、最上階付近のタイルが縦5m、横8.5mにわたって落下しました。

タイル片は通行人を直撃し、男女3人が死傷する大事故となりました。

この事故を契機にタイル張りの安全性が問われるようになります。
その後もタイルの剥落事故は発生し、そのたびに「原因は施工不良なのか?経年劣化なのか?」といった議論がされるようになります。

事故の度に取り沙汰される「タイル剥落の原因」、有効な防止策は?

タイル剥落の原因は多岐にわたります。

下地モルタルの水分が急激に抜けたドライアウトや、コンクリートの表面がツルツルになっていたために起こる接着力不足、下地のモルタルが厚すぎるために起こる劣化などさまざまです。

外壁タイルが剥落して誰かを傷つけてしまった場合、管理者が責任を問われる場合があります。

施工不良や不法行為で建設会社や売主に責任を求める場合、管理組合が過失があったことを証明しなくてはなりません。これには専門家の力を借りる必要があります。

タイルが剥落する前、下の写真のように、建物に密着しておらず浮いている状態です。

事故を防ぐためには、打診検査により、このようなタイルの「浮き」がないか調査するのが、最も効果的だと考えられています。外壁タイルの浮き

浮いた状態のタイルはそのままにしておくと、浮きの範囲はどんどん拡大し、やがて剥落につながってしまいます。

さくら事務所ではタイルの調査だけでなく、タイルの浮きの原因の調査、売主や施工会社と交渉する際のアドバイスも行っています。お気軽にご相談ください。

マンション管理のプロがアドバイス! おすすめのサービスはこちら

東海圏 外壁タイルの瑕疵調査・補修コンサルティング

▼ その他のエリアはこちらから ▼

お役立ちコラム 関連記事